展覧会 2024年 第11回 郷さくら美術館 桜花賞展

第11回 郷さくら美術館 桜花賞 展

会期:2024年3月12日(火)- 5月19日(日)

主催:郷さくら美術館

後援:一般社団法人めぐろ観光まちづくり協会

開館時間:10:00-17:00(最終入館 16:30)

休館日:月曜日 (但し、4/29・5/6開館、4/30・5/7振替休館)

美術館からのごあいさつ

このたび、郷さくら美術館では「第11回 郷さくら美術館 桜花賞展」を開催いたします。
当館は、現代日本画専門の美術館として、2012年に桜の名所である目黒川の畔に開館しました。桜花賞展は、当館の開館1周年を記念して創設いたしました。
今後の活躍が期待される若手の日本画家に、日本画でお馴染みの「桜」をテーマに制作を依頼し、出品作品をすべて買い上げると同時に、授賞作品の選定と一般公開を実施しております。桜花賞展を開催することで、日本画の素晴らしさを発見していただき、その魅力を後世へと伝えていく事を目的としたコンペティション形式の展覧会です。
毎年、桜の季節に「郷さくら美術館桜花賞」展を開催して今年で第11回を迎え、出品された作家はのべ300名以上になり、全国区の日本画の若手登竜門として注目を集めております。
各賞の選考は、日本画家の倉島重友先生、竹内浩一先生、中島千波先生、渡辺信喜先生に審査をして頂きました。今回もこれからの活躍がますます期待される若手日本画家30名に出品して頂き、「桜」という共通のテーマを様々なアプローチで描いた意欲作が集まりました。
過去に開催した全10回の桜花賞展と同様に、現代日本画の世界に新たな風を感じさせる作品となっております。これからの日本画壇を担う、気鋭の画家たちが描いた魅力ある日本画を堪能して頂ければ幸いです。
最後になりましたが、本展を開催するにあたり、多大なご協力を頂きました関係者の皆様に心より御礼を申し上げます。
【出品作家】
青木志子、磯部絢子、奥田有規、金子雄飛、川上椰乃子、川島 優、小谷 光、後藤まどか、 坂本英駿、澤﨑華子、白砂真也、紫嵐、杉澤友佳、高橋翔平、髙橋優介、竹内唯可、竹歳和真、 田中彩乃、張 安迪、土田 翔、永岡郁美、永田美里、中本 雅、蜂須瑚々、原田有希、堀川愛依、 松井寿子、宮下舞香、森 友紀恵、山口岳人 (五十音順)

展示作品

第11回 郷さくら美術館 桜花賞

大賞

竹内唯可《めぐる》2023年

第11回 郷さくら美術館 桜花賞

優秀賞

宮下舞香《春の宵》2023年

第11回 郷さくら美術館 桜花賞

奨励賞

川上椰乃子《上野・黒門の春》2023年
後藤まどか《みちる》2023年
澤﨑華子《景宿る―桜》2023年
白砂真也《カンヒザクラにセイヨウミツバチ》2023年
張 安迪《朝霧》2023年
森 友紀恵《花の風》2023年

同時開催:「桜百景展 vol.34」

満開の桜の作品のみを展示する「桜百景vol.34」は、桜の名所である目黒川のほとりに位置する当館へお越し頂いた方々に、「お花見」を楽しんで頂くための展示室として、多くの方々よりご好評を頂いております。今回は、当館所蔵の中から名品の屏風と、これまでの桜花賞大賞を授賞した作品を一堂にご覧いただけます。当館珠玉の桜の作品をご堪能ください。

【出品作家】
押元一敏、加藤 恵、加藤清香、河本万里子、工藤 彩、鹿間麻衣、田島周吾、伊達 良、中島千波、中野嘉之、西田俊英、八谷真弓、林 潤一、松原亜実、山浦めぐみ、渡辺信喜 ほか(五十音順)

展示作品

中島千波《櫻雲の目黒川》2013年
西田俊英《惜別・櫻》2007年
林 潤一《瀧桜》2002年
渡辺信喜《春宵》2001年

歴代桜花賞大賞作品

第1回大賞
加藤 恵《花音―滝桜―》2012-2013年
第2回大賞
田島周吾《蒼い桜》2013年
第3回大賞
押元一敏《薫・乙姫桜》2014年
第4回大賞
河本万里子《湖水の春》2015年
第5回大賞
山浦めぐみ《春覆う》2016年
第6回大賞
鹿間麻衣《巡》2017年
第7回大賞
加藤清香《名もなき花》2018年
第8回大賞
松原亜実《春麗》2019年
第9回大賞
八谷真弓《燦燦》2021年
第10回大賞
工藤 彩《桜の間》2022年

出品リスト

Coming Soon

※美術館内での出品リストの配布は行なっておりません。
ペーパーレス化へのご協力をお願いいたします。

アーティスト・トーク日程表

Coming Soon